A.O.D.Tダンス教師&治療師ジョイントセミナー2008 開催

2008年8月9日(土)
会場:アリコジャパン 日本橋本町ビル会議室(東京都)
講師:ヤン・ヌイッツ/フランシス・ウェイツ
通訳:野田香織/佐藤りさ子


今年は1日のみのセミナー開催となり、現役ダンサー、指導者、治療師の方々にご参加いただきました。


■AODT会員はフランシス先生による解剖学、ヤン先生によるミニレッスンに参加しました。


■治療師の方は別室にて、身体的な問題を抱えるモデル生徒の症例検討会を、フランシス先生の指導の下、行ないました。


■AODT会員でなく、セミナー初参加の方はAODT会員が受けるヤン先生によるミニレッスンを見学しました。ヤン先生から見学者に向けてよく見えるよう、また分かりやすい説明を受け、見学でも充実した時間を過ごせたとの言葉をいただきました。


最後の休憩をはさみ、ヤン先生とフランシス先生合同によるレクチャー+質疑応答のクラスには、全員が参加し、活発な意見が飛び交いました。ダンサーの視点、治療師の視点それぞれの意見に、みな納得し、理解を深め合うことができました。


このセミナーは、ローザンヌ国際バレエコンクール日本事業部主催バレエセミナーの主旨を受け継ぎ、A.O.D.T主催にて新たに企画したセミナーです。
このセミナーの目的は、豊富な治療経験をお持ちの治療専門家の皆様に、スポーツ選手とは異なるバレエダンサーの動きの特性、その特有な故障、怪我の原因について理解を深めていただき、今後の治療に生かしていただくことにあります。
また、ダンス教師の皆様におかれましては、これまでのセミナー参加で得た知識をさらに深め、積極的に実践していく為のトレーニングをする事にも目標を置いています。


指導風景1 指導風景2
指導風景3 指導風景4


A.O.D.T指導者の為のワークショップVOL.10in所沢 開催

2008年9月11日(木)
会場:みむらゆきこエコール・ド・バレエ(埼玉県所沢市)
講師:六車龍也


六車先生による指導者の為の解剖学シリーズ第二回目は、B:脊柱と骨盤についてお話いただきました。ますは基礎解剖学から始まりますので、シリーズもののセミナーではありますが、どの回からでも参加できるように構成されています。
前回同様、さまざまなエクササイズを交え、とてもわかりやすいと好評をいただきました。


指導風景5 指導風景6 指導風景7

次回ワークショップのお知らせ

2009年1月22日(木)
会場:みむらゆきこエコール・ド・バレエ(埼玉県所沢市)


六車龍也の指導者のための解剖学・基礎解剖学と解剖学C(顎顔面・頭頸部と胸部から上肢)を行ないます。


※AODTコミッティーが責任を持ってお勧めする講師の方々による質の高いWSを心がけております。皆様ふるってご参加ください。